JBS

142.②現状分析(成り行きベースの将来予測)

②現状分析(成り行きベースの将来予測)

未来を予測することは、とても大事です。

このまま成り行きベースで戦略期間が過ぎた場合、定量目標とどのくらい差ができるのかを把握し、

「ギャップを埋めるためには、何をしなければいけないのか」

を知ることで、規模感の目安になったり、次の施策の検討ができるのです。

★将来予測の各数値は、売上数量、単価、市場数量、自社数量シェア、顕在ユーザー数、潜在ユーザー数、年間使用量、利用頻度、市場成長率などを参考にします

出典・・・「経営戦略の基本」