JBS

66.明治維新とイノベーター

明治維新とイノベーター

幕末に踏み出した吉田松陰という「イノベーター」の小さな一歩が明治維新という大きな波になり、今の豊かな日本があるといっても過言ではありません。

これからの日本企業が考えるべき4つのことがあります。

①企業の成果を出す
(有能な若手社員に活躍の場を与える)

②ITを経営に活かす
(知識と情報を中心とした組織を経営し、仕事の生産性をより高める)

③人材を大切にする
(多様な勤務形態に対応した人事制度など)

④従業員の意識改革
(組織で働くすべての人が上級管理職という意識で仕事に責任を持つ)

★世界は日本からイノベーター(変革者)が現れることを期待しています